production dessinee

File under "Good Music" o/w "Fantastic Something"

6/21(水)発売予定 PDCD-190 Moons [M o o n s] – Songs Of Wood And Fire

Moons [M o o n s] (ムーンズ) - Songs Of Wood And Fire (木と火の歌たち) [PDCD-190]

[ Item Information / 商品情報 ]

Moons [M o o n s] (ムーンズ) – Songs Of Wood And Fire (木と火の歌たち) [PDCD-190]

Catalog No. / 型番:PDCD-190 / VSCD-9831   Release Date / 発売日:2017/06/21   Price / 価格:2300yen(+tax)   Buy / 購入する:▶︎ dessinee shop (デシネ・ショップへ)

01. Hunting You ♪ 試聴 / Listen
02. Golden Sun ♪ 試聴 / Listen
03. Don’t Believe the Truth ♪ 試聴 / Listen
04. Good Luck Baby ♪ 試聴 / Listen
05. A Song of Wood and Fire ♪ 試聴 / Listen
06. Couple Fated to End ♪ 試聴 / Listen
07. The Best Thoughts About You ♪ 試聴 / Listen
08. Ghost Boy ♪ 試聴 / Listen
09. Fake Eye Lashes ♪ 試聴 / Listen
10. We Don’t Talk ♪ 試聴 / Listen

程よく枯れた極上メロウなアコースティック・サウンドの世界。ブラジルの男性SSW、アンドレ・トラヴァッソスのソロユニット、ムーンズが紡ぐ穏やかな音色は、フォーキーでいて仄かにサイケデリック、そして、どこまでも優しく心の奥に響きます..。

ブラジルのベロオリゾンテで活動する男性SSW、アンドレ・トラヴァッソスのソロユニット、 MOONS (ムーンズ)のデビュー作『Songs of wood and fire (木と火の歌たち)』。元々はブラジルのインディロックバンド、Cameraの中心として活動していた彼が、ソロとしてフォークソングに取り組んだユニット、Invisivelでの経験を経てスタートさせたのが、このMOONS (ムーンズ)です。そのサウンドは、アンドレの程よく枯れた味わい深い歌声を活かしたフォーク・ロックですが、自身のアコースティック・ギターを軸にしたそのナチュラルでオーガニックな質感に加え、流麗な弦を交えた音作りは洗練されており、時折のぞかせるサイケなフィーリングも上々のアクセントになっています。何より、彼のメロディメーカーとしての資質が伺える、上質の旋律の数々が印象的で、とにかく耳に残ります。

 
小気味よく繰り返すギターのフレーズと、歌うようなチェロの絡みも心地よいインスト「01. Hunting You [君を狩る]」からストーリー性を感じさせる幕開けですが、続く楽曲たちは、MOONSの世界観を体現した素晴らしい楽曲ばかり。爪弾きのギターと囁くような歌唱が心地よい「02. Golden Sun [金色の太陽]」、同系「08. Ghost Boy [幽霊少年]」、より哀愁感を高めたような「06. Couple Fated to End [終わる宿命の二人]」、サンバのエッセンスを含んだアコースティック・ロック「04. Good Luck Baby [グッド・ラック・ベイビー]」、メランコリックかつソフトサイケな質感のフォーキーな「10. We Don’t Talk [もう話さない]」や、同じくアルバムを代表する名曲「05. A Song of wood and fire [木と火の歌]」など、英詞で歌われる極上の世界は、圧倒的な雰囲気に包まれ、何度も何度でも繰り返し聴き込んでしまう魔法を感じさせる素晴らしいものです。

 
決して派手さはない作品ですが、上質なメロディと味わい深いサウンドが生み出す唯一無二の心に残る”雰囲気”に彩られた傑作です。是非ともその世界観をお試しいただき、この新しい才能にご注目ください。

● A式の紙ジャケット仕様でのリリース。

MOONS (ムーンズ):

多くのフェスへの出演などで人気を呼んだブラジルのインディロックバンド、Cameraの中心として活動していた、ブラジルのベロオリゾンテで活動する男性SSW、アンドレ・トラヴァッソス (Andre Travassos)のソロユニット。フォークソングに取り組んだ、Invisivelでの経験を経てスタートさせたこのユニットは、程よく枯れた味わい深い歌声と、アコースティック・ギターを軸に、流麗な弦を交えて紡ぐサウンドが素晴らしく上質。時折垣間見せるサイケデリックなフィーリングと、彼のメロディメーカーとしての資質が伺える、独特の美学に貫かれた傑作『Songs of wood and fire (木と火の歌たち)』(2017年)でソロデビューを果たす。

[ Where to Buy / 購入する ]

▶︎ dessinee shop (デシネ・ショップへ)   ▶︎ Buy at Other Stores (他店で購入する)

[ More Infos / その他 ]